高次元・・治癒力 ・・凄まじい

高次元・・治癒力・・PartⅤようこそ水華の世界へ
ウソ!ホント!あなた次第

PartⅣからのつづき  

その点描画はDr.ジュンラボの実家に  ・・・

祭壇に飾られているそうです!←←そこには世界のVIPがお忍びで訪れて

祈りを捧げる祭壇だそうです!!←すっげー!世界のVIPが宇宙点描画に祈

りを捧げているなんて←ありえねぇー!


前後しますが ・・・・・
3日目の休憩日 ・・  ・
もっと 超ありえねぇー!ことが起こったのでした 笑



いつものようにヒーリング後はみんな

Dr.へ一人一人が日本流の感謝の挨拶のしなが部屋へともどっていく中・・・

ボクも挨拶しょうかと順番待ちしているところへ Dr.ジュンラボがボクを手招きするのでした ・・・ ・

ヤバイ!ご指名をいただきました笑

どうしたのだろうか ・・・

ああ やっぱり昨日のダイヤのクロスをくれるのかなぁ

などと 一瞬にしてボクは電卓化してしまったのでした笑

Dr.ジュンラボの前にいくと 座っていいたDr.がいきなりにボクに向かって

ひざまづいたのです!←ぉわ〜 なな なんだ どうしたぁ〜

そしてDr.はボクの左腕をとり こうべをたれ 腕にパワーを入れてくれたのです 次に右腕にも同じことをしてくれて 最後はボクのひたいへパワーを入れてくださったのでした!!!

唖然呆然!

あのDr.ジュンラボがボクにひざまづいたのだ!

おおおおお これでボクも聖者の仲間入りかぁー!笑

いえ いえ いえーい!

いや いや ちがいます! って  ・・・ ・

ボクではなく あの宇宙点描画へのDr.ジュンラボなりの感謝の表現だったんです きっと ・・・・・ ・

ボクの肉体を通して この次元へと ・・・ ・

宇宙点描画を降ろさせてくれたことへの感謝だったんです  ・・・・ ・

そしてまだまだ 頑張ることができるように と  ・・ ・

エネルギーをいれてくださったんです ・・・ ・・


その瞬間は きっと  ・・・ ・

高次元エネルギー体とのコンタクトだったのかもしれない  ・・・

Dr.ジュンラボには 見えていたんだ!


ああ なんとしたことか ボクには感じなかった(>_<)



未熟者であるボクはこのブログを書きながら ・・・ ・

今 気づいたのでした←おそっ!




Dr.ジュンラボがあるお話会のとき  ・・ ・

「みなさんにも私のような能力があるんですよ 私はもう高齢になっていま    
 
す ぜひ 皆さん方が できるようになってください
 
今日は特別です その方法を教えます!!」

みな一様に驚きました 
「おおおおおおっ  ・・・ ・」

Dr.ジュンラボ
「akuhibiuboin lijcj oi nu j n h jixn yoy8[ n oipcbuvcnunc:op /lkcm

cmbvbpqugp lmcn lcj90 wcn@v8ccho cnjc9vnqcib@nb nc9bvi
secmcnpucmcp
pmcum@cnpc jf jidfnnuvq jnbpum:8 inx8pb2viv m@kpq 9iq09uv7q3kwjm@cck@cp

mex9cmvq@nc,oc @uc98wj @99ch dnp8bpmcmwv psxiu@
xn9pcum@c

mxi9pbvuv@9vcnpipucmxcoui

xmpcrnvcnciv muixuci uco ijc ncue uncu iupcnmp!!!」
 ↑
これは内緒です笑


みな一様に

「ふむふむふむ ・・
おおおおおっ  ・・・ ・・・
ふむふむ  ふむふむふむふむ ふむーーーー!!!」笑笑

帰国後 さっそく 始めたのです  ・・・  ・

ところが いつのまにか 三次元バリバリの世界へと飲み込まれてしまい

あれほどの感動もすっかり忘れてしまいました笑

このブログを書いているときに 思い出しました!

今日から さっそくチャレンジです!

いつの日か 無から有を取り出す 物資化現象ができるようになります!

今度こそ 忘れず毎日つづければ ですが笑



次回 Dr.ジュンラボを凌ぐとも言われている 高次元ヒーラー Dr.よしこ

の 光りヒーリングを・・←これまたトンデモナイ体験をさせていただいた

のでした笑

この記事へのコメント