躍動する生命感

IMG_1180.JPG

<気づき>
<銀河文明>
<宇宙>

身体の内なる気づきは 生命の躍動を感じることがその鍵となる ・・   ・ 

実のところボクたちは とてつもないナゾと同居しているのだ ・・  ・

眠りについているとき なぜ心臓は勝手に動くのだろう  ・・・  ・

呼吸を止めることなどできはしない  ・・・  ・

ナニ? が  そうさせているのだろう か  ・・・ 

考えてもわからない、つまり、考えているあなたとは、ちがうナニかが同居していることになる 

にもかかわらず、それ、 の 声を聴くことをしていない  ・・・  ・

なぜか ・・・

「考える」あなたは「考え」で四六時中、頭の中は一杯だからだ  ・・・・・・ ・

あなたが「考える」ことができるのは生命の躍動があるからだ ・・・ ・

にもかかわらず、感謝すら忘れてしまっている ・・ ・


躍動する生命を感じてみるには  ・・・ ・

ゆっくでいい、深呼吸をしてみよう、二度、三度、四度 ・・・

胸が膨らみ、縮んでいくのを感じるだろう、手を心臓に添えてみよう、

心臓の鼓動を感じるかもしれない ・・・・・  ・

それが生命の躍動感なのだ!

躍動感を枯渇をさせてはいけない、躍動感へエネルギーあげることができるのは

あなたしかいない、

あながあなたの生命へ あなたの感謝こそが、明日、イキイキとさせるのだ ・・・・ ・




     ・



・  


           ・

ありがとう    ・


                微笑   ・





     ・






この記事へのコメント